095-895-8993

ブログ

2018/06/05(火)

試して納得!坐骨神経痛

カテゴリー:坐骨神経痛, 知ってほしい事, 腰痛, 自分でできる改善法

 

【 試して納得!坐骨神経痛 】

 

坐骨神経痛・・・
足などにしびれや痛みが出ますので、
「足に原因があるんじゃないの」と思われがちですが
こちらも腰痛と同様、個人個人で原因も違いますし
原因の場所も違います。

 

足の症状ではありますが
実は上半身の不調が足に症状を出していた・・
なんてこともあるんです。

 

「じゃあ、私は上半身が原因で坐骨神経痛なの?」
「どうしたら上半身の影響ってわかるの?」
なんて思っちゃいますよね。

今回はこちらをご紹介したいと思います。

 

上半身で見ていただきたいのは・・・ズバリ肩甲骨です。

 

 

「肩こりの原因としてならわかるけど
肩甲骨がどうして坐骨神経痛に関係するの?」
・・・きっと不思議に思われると思います。

でも肩甲骨と骨盤はものすごく深い関係があるんです。

 

こういう事なんです。

 

 

例えばですが
何か物を持つという仕事の多い方や猫背の方というのは
肩甲骨が上のほうにずれてしまってる場合があります。

 

右側の肩甲骨が上がり右肩が上がった状態を考えてみましょう。
右肩が上がるということは左肩は下がる。
これは肩だけの変化ではありません。

この状態になると体が左に倒れているような状態になります。

すると左側の骨盤あたりに負担が大きくかかったり
左の骨盤自体が下がってしまったり…なんてことも起きたりします。

その状態が神経を圧迫してしまったりとか
筋肉を固くして
坐骨神経痛の症状を左側に出すことがあります。

左のおしりや足を一生懸命ストレッチしても
坐骨神経痛が良くなっていかない・・・

なんて状況が起きるわけです。
(上半身が原因ですのでお尻をストレッチしても効かないわけです。)

 

でも右肩の上がり=左に症状という訳ではないのが

ややこしい所。

 

右肩が上がっているけど症状も右という方もいらっしゃいます。

左に体が倒れるということは
右の骨盤当たりの筋肉は引き延ばされて固くなります。
これによって右側に症状が出るということも考えられます。

 

ホントにいろいろ…なんです。

 

 

そもそも片方の肩が上がっているからといって
必ずそれが坐骨神経痛の症状に結びつくわけでもありません。

 

なので、まずは ⇓これ ⇓ で調べていただきたいと思います。

 

 

【上半身からの影響か調べる方法】

 

1 ご自分の立ち姿を鏡に写して見て
一方の肩が上がっているか確認する。

 

2 足踏みや前かがみなどをして
坐骨神経痛の症状がでる行動を確認する。

 

3 上がっている方の肩を意識的に下げて
坐骨神経痛の出る行動をしてみる。

 

体のバランスがとりやすいとか
症状自体が楽になるのであれば
お尻や足に坐骨神経痛の原因があるのではなく
上半身に原因があるということになります。

 

その他にも
肩のマッサージをしたり・深呼吸で胸を開いたりして
坐骨神経痛の症状が変わるのであれば
これも上半身からの影響で足に症状が出ている
ということになります。

 

ですのでこういう方は
足や腰まわりのストレッチや体操ではなく
肩などの上半身のストレッチや体操の方が
よいということになります。

 

ご自分に合ったストレッチや体操をすることで
体が整い、痛みやしびれが楽になり、出にくくなります。

 

まずはざっくりでもよいのでどこが原因なのかを
見極めていただければと思います。
それでは

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メールで体にいいこと情報を無料プレゼント!
メルマガ【キュア通信】
登録は ⇒ https://48auto.biz/seitai-cure/registp.php?pid=3
Lineで友達登録!でプチメルマガを読む⇒ 友だち追加

(ラインでご予約・お問合せもOKです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

6月18日(月)まで
先着6名様限定割引 → 残り3名様

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。