095-895-8993

ブログ

2018/06/12(火)

前かがみ 何が起きているの?

カテゴリー:知ってほしい事, 肩こり

 

【 前かがみ 何が起きているの? 】

 

腰が曲がってちょっと前かがみになると
歩くときの歩幅も狭くなり、速度も遅くなります。

 

一生懸命歩くので、疲れやすくなるし
「もしかしてわたし・・・体力が落ちたのかなぁ」
「もしかして・・・そういうお年頃!?」
なんて考えてしまうかもしれませんね。

 

特に年齢を重ねていくと腰が曲がりやすく、
この状況はどんどん進んでしまいます。

 

まずこの「前えかがみ」という状況は
いったい何がどうなっているのか?
知っておくと対策もたてやすいというもの。

 

前かがみは
胸郭(肋骨の部分)といわれる背中の部分が丸くなり
肩が前に入り、猫背状態になっていることが多いのです。

この状況になってしまうと胸郭だけの問題ではなく
その下にある骨盤も向きを変えてしまいます。

 

特に多いのが、骨盤が後ろにたおれるという状況です。

 

骨盤がうしろに倒れると

骨盤は 上手に上半身の重さを支えきれず、
歩くときに不安定になり、ぐらぐらするような状況になります。

すると骨盤の下にある膝は「曲る」という状況を作って
体を支えてしまうんです。

こうなってくると上半身の負担
そして骨盤の負担を膝が一挙に受けてしまい
膝が痛くなってくるということも起こります。

 

 

骨盤がぐらぐらしているような状態では
それを止めるためにおしりの筋肉もおなかの筋肉も硬くなります。

お尻の筋肉もおなかの筋肉もうまく伸び縮みできないので
足を上手に前に出すことが難しくなります。

 

ですので歩幅が狭くなったり
歩くスピードが落ちたりするわけです。

 

体の中ではこんなことが起きていたのですね。

 

この場合、まず整えていくべきは骨盤です。

骨盤は上半身にも、そして下半身にも影響を及ぼす
体の真ん中だからです。

 

そして後ろに倒れてしまった骨盤を
しっかり立ててあげるというふうにしていきます。

この時はおしりの筋肉としておなかの多くの筋肉を
緩めて整えてあげることが大切になります。

 

ひとくちに「前かがみ状況」といっても
結構、体に影響をあたえているのが
おわりになったかと思います。

 

次回はこちらを解消するストレッチ方法をお伝えしますね。

 

 

それでは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メールで体にいいこと情報を無料プレゼント!
メルマガ【キュア通信】
登録は ⇒ https://48auto.biz/seitai-cure/registp.php?pid=3
Lineで友達登録!でプチメルマガを読む⇒ 友だち追加

(ラインでご予約・お問合せもOKです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

6月18日(月)まで
先着6名様限定割引 → 残り3名様

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。