095-895-8993

ブログ

2018/07/05(木)

朝から腰痛解除法 ストレッチ編

カテゴリー:腰痛, 自分でできる改善法

 

【 朝から腰痛解除法 ストレッチ編 】

 

朝起きるときに腰が痛い。
これは、寝ている間に腰がそっている
いわゆる「反り腰」状態になっている可能性が高いのです。

 

そしてこの場合、原因としては
・おなかの奥の筋肉が硬くなっている
・内臓が固くなっている
の二つが考えられます。

 

でももう一つ、腰をそらせる原因になる筋肉があります。
今回、見ていくのは骨盤です。
腰が反る状態は、骨盤が前に倒れる状態の事です。
(骨盤の前傾と言います)

骨盤を前に倒してしまう筋肉もどうにかしないと、
せっかくおなかや内臓の固さをとっても
腰が反ったままになってしまいます。

 

ではどこの筋肉なのか???

 

この筋肉・・・大腿四頭筋と言い、太もも前面の筋肉です。
骨盤の前側から膝下まで付いている大きなものなので
ここが固くなって縮んでしまうと
骨盤を前に倒してしまうのです。

 

今回はこの大腿四頭筋のストレッチになります。

 

「太もものストレッチでしょ、私、知ってる!」
「え~~と、ひざを曲げてお尻のほうで足首をつかんで…。」

 

そう!太もものストレッチというと、
あなたはやったことがあるかもしれません。

でもこの状態だと骨盤が動き、腰が反ってしまい太ももがあまり伸びません。

 

なので、ひと工夫!
「骨盤を固定してから」行いましょう!!

 

 

【 ふともも伸び伸びストレッチ 】
今回は横向きに寝て行うストレッチです。

 

1  まずは太ももをさすって準備をします。

2  横向きに寝て、下の足の膝を胸の方に曲げます。
※ こうすることで骨盤が後ろに倒れる状態になります。

3  この状態で上の足の膝を曲げ、足首を手でもって
太ももを伸ばすように後ろにひきます。

 

この状態で20秒から30秒ゆっくり深呼吸します。

 

終わったら少し動いてみましょう。
足の軽さなどを感じることができると思います。

仰向きに床に寝て、腰の反り具合を見るのもいいかもしれませんね。

 

動きで軽さを、反りチェックで反りの減りを感じたら
あなたには太もものストレッチが必要!!と、言う事です。

 

夜寝る前にストレッチをすることで
朝起きるときの腰の痛みを減らせることができます。

 

ご自分に合う運動を
日常に取り入れてくださいね!!

 

それでは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メールで体にいいこと情報を無料プレゼント!
メルマガ【キュア通信】
登録は ⇒ https://48auto.biz/seitai-cure/registp.php?pid=3
Lineで友達登録!でプチメルマガを読む⇒ 友だち追加

(ラインでご予約・お問合せもOKです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

初回割引は 1日1名限定

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。