095-895-8993

ブログ

2018/07/19(木)

夏・腰痛にならない過ごし方

カテゴリー:腰痛, 自分でできる改善法

 

【 夏・腰痛にならない過ごし方 】

 

 

夏は冷房で思いのほか体が冷えています。

そままにしておくと体中の血のめぐりが悪くなり

体がガチガチになったり痛くなったりします。

 

体ががちがちになっているということは

腰痛(特にぎっくり腰)が出やすいということです。

もちろん体が冷えていればその他の不調も出やすくなりますので

血の巡りをよくしてあげることが大切です。

 

とはいえ・・・

「忙しくて運動はできない」

「日中クーラーのない部屋なんて無理」

なんて方も多いかと思いますので

お風呂を上手に使うということをお勧めします。

 

夏時期のおふろ・・

「ゆっくり湯舟につかるにははちょっと厳しい。」

「シャワーで軽く汗を流して済ましてしまおう」

という方は多いと思います。

 

しかも

「ゆっくりおふろに入ると上がった後は暑くていや」・・・。

夏のおふろは結構な問題(?)が山積みです。

 

 

でも夏のふろを上手に使うことで腰痛や体のだるさ

それに伴う不況を防ぐことができるのなら

おころは上手に使うしかない!!

 

 

特に夏は冷房で体の血のめぐりが知らないうちに悪くなっています。

この状態、ぎっくり腰起こしやすい状態でもありますので

お風呂を上手に使って、腰痛予防をしていただきたいと思います。

 

お風呂にはいるときのコツは「しっかり温まる」ということです

だからシャワーだけでなくお湯につかることをお勧めします。

 

 

 

【入り方】

冷房の中で過ごしている場合は結構・体が冷えてえいます。

いきなり全身・湯舟につかるのではなく少しづつ温めていきます。

 

  1. まずは足(体の半分)だけを温めます。

2 次に手や腕はお湯から出して、みぞおちくらいまで浸かります。

3 温まってきたら、肩や腕、首まで浸かって、温まりきる寸前にお湯から出ます。

 

三段階に分けて温まってくださいね。

冷えた体をしっかりと温めることができますよ。

 

ちなみに身体が温まれば時間は短くてもOKです。

 

お風呂の温度は

冬と同じでは熱すぎ、いつまでも入っていられるようではぬるすぎです。

何分か入っていたら、熱くて出たくなるような温度にしてください。

 

お風呂の後、汗が出ますが

クーラーの部屋にとびこむのはちょっと待って下さい。

タオルでよく吹いたりしながら自然と汗が引くのを待つのがベストなんです。

 

クーラーの部屋にとびこむよりも

扇風機(使い過ぎ注意ですが)やうちわを上手に使って

まずは汗をかるく蒸発させてから

クーラーを上手に使ってくださいね。

 

ここまですれば、体は血の巡りがよくなり

腰痛から遠ざかっているはず。

 

いい夏を過ごしましょうね!

 

 

それでは

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メールで体にいいこと情報を無料プレゼント!
メルマガ【キュア通信】
登録は ⇒ https://48auto.biz/seitai-cure/registp.php?pid=3
Lineで友達登録!でプチメルマガを読む⇒ 友だち追加

(ラインでご予約・お問合せもOKです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

初回割引は 1日1名限定

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。