095-895-8993

ブログ

2018/09/25(火)

冷え性に効く食べ方!?

カテゴリー:生活の留意点, 自分でできる改善法

 

【 冷え性に効く食べ方!? 】

 

少しずつ寒くなり
冷え性の方にとってはいやな季節が近づいています。

 

冷え症の原因は血のめぐりが悪いこと。
特に手の先・足の先に行けば、氷のように冷たくなってしまう・・。
という方もいらっしゃるかと思います。

 

なぜ手足が冷たくなってしまうのかと言えば
それは心臓から遠い所だから。

温かい血液は心臓から出て、全身を回ります。
だから心臓から遠くなれば遠くなるほど
血液の温度差がでてしまうのです。

 

しかも血管は末端に行くほど細くなりますので
その分、熱を奪われやすくなりますし
流れが悪ければ余計に熱を奪われてしまいます。

よく言われる「首と名のつく部分を温めた方がいい」というのは
血液が多く流れる部分、そして熱が奪われやすい部分を

温めてくださいね。という事なのです。

 

この血液をなるべく暖かい状態で全身に届けるために、
すごく有効なのが「食事を〇〇する」ということなのです。

 

この〇〇に入る言葉、わかった人はすごいです。

 

何故かというとここには

「制限」という文字が入るのだから。

 

「え?食事制限と血流に何か関係があるの?」
と言われそうですが
実はすご~~~くあるのです。

 

 

さてここで、突然ですが質問です。

体の中で血液がすご~~く集まって
すご~~く使われるところ、どこだかわりますか?

 

 

答えは「脳や内臓」です。

 

その中でも内臓は大量の血液が流れ込んで
色々な働きをしてくれています。
特に消化にはたくさんの血液が関係してきます。

血液は栄養や酸素を運んだり老廃物を運んだりします。

 

その血液を腎臓や肝臓ではろ過しきれいにしてくれますし
腸では栄養吸収の為に使います。
でもこれらの臓器も血液があるから保たれるし
働くことができるのです。
でも血液量は一定ですから、どこかで大量に血液が集中すれば
どこかは少なくなってしまうのです。

だからこの「内臓で大量に血液が使われている状態」になると
足や手の先の方にいく血の巡りが弱くなってきます。

 

弱くなる=熱量が減る=冷え性になりやすい

ですね。

 

でも、これらの内臓の働きを止めるわけにはいきません。
だがら内蔵に大量に血液が流れ込む状態を
なるべく早く終わらせてあげる事が必要になります。

 

内臓(特に腸)に大量に血液が流れ込む状態というのは
「食事の消化の時」に起こります。

 

これを早く終わらせるためには
特に腸にかかる負担を減らすことが大切なのです。

 

そのためには
「夜・10時以降は食べない」とか
「冷たいものをあまり食べすぎない」とか
「昼間でも食べすぎない」
ということが大切になります。

 

 

 

あとは・・・
消化の良さを考えて「具をなくしてみる」とか。

 

具なしの味噌汁とかルーだけカレーとか。

これでも腸への負担が減ってきます。

 

でも、ちょっとお食事が味気ない…と思われるかもしれませんね。
すべての食事を具なしにしろというのではありません。

 

特に疲れているときや腸に負担をかけたくない時などに
やってみてください。

 

体の負担を減らし冷え性を解消する。
この方法で冷え性を克服した方もいらっしゃるんです。

 

今から先、だんだん寒くなってきますので
冷え性を気にする方は
ぜひ食事のとり方にも気を付けてくださいね。

 

それでは

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メールで体にいいこと情報を無料プレゼント!
メルマガ【キュア通信】
登録は ⇒ https://48auto.biz/seitai-cure/registp.php?pid=3

(ラインでご予約・お問合せもOKです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

初回割引は 1日1名限定

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。