095-895-8993

ブログ

2018/10/14(日)

マッサージで風邪予防!

カテゴリー:生活の留意点, 自分でできる改善法

 

【 マッサージで風邪予防! 】

 

涼しくなり、風邪が気になる季節になってきました。

 

風邪のひきはじめの症状は
のどに出たり・鼻に出たり・熱が出たり・・・。

 

なかでも風邪の症状がのどに出てしまうと
「唾をのむのも痛い・声も出せない」など
普通に生活するのに支障が出てきます。

 

この「のどの症状」はひどくなる前、
のどのイガイガや乾燥の時に「体のある部分」をマッサージすることで
軽減させることができるんです。

 

「私の風邪はのどから」という方は特に
そうでない方にも、ぜひ知っておいていただきたいのです。

 

 

《 のどを守るためにはどうしたらいいのか?

 

のどを守る…それはのどを乾燥させないことが一番です。

特にこの季節、寒くなっていくと空気が乾燥しますので
のどの水分が勝手に飛んで、イガイガなどが強くなってくるのです。

のどが乾燥しやすい体質の方はとくに注意!!ですよね。

 

では乾燥からのどを守るためには、どんな事をしたらいいのでしょうか?

自分でできる対策となると
「マスクをする」も対策の一つかもしれませんが
もっと簡単・もっと効果的なことがあります。

 

それは
唾液腺といわれる部分をマッサージする!!
ということなんです。

 

《 なぜこの部分をマッサージするとよいのか? 》

 

実はこの部分には、
唾液腺という唾液を出すための器官があるのです。

 

唾液腺は大唾液腺(耳下腺,顎下腺,舌下腺)と
小唾液腺(口の中に分布)がありますが
今回は大唾液腺の耳下腺,顎下腺を狙います。

 

当たり前のことですがのどが乾燥するということは
のどの水分が少なくなってしまうということです。

 

だからこの水分をおぎなってあげることが大切。
そのためにはだ液がしっかりと出てくるように
してあげることが必要なのです。

 

 

【 のどの乾燥を防ぐ3つのマッサージ  】

 

1:耳下腺(じかせん)マッサージ

人差し指から小指までを頬とみみたぶの間にあて
奥から円を描くように回す。

2:顎下腺(がっかせん)マッサージ

耳の下からあご先まであごの内側を何ケ所か
指先で押すかさする。

3:舌下腺(ぜっかせん)マッサージ

両手の親指をそろえて
あごの真下から舌を突き上げるように
ゆっくりと押し上げる。

これらの部分をマッサージすると唾液が出やすくなります。

 

唾液がしっかりでれば、のどの潤いが保たれます。

 

でも、この部分は痛く感じる方が結構いらっしゃいますので
「いた気持ちいいくらいの圧」で行ってくださいね。

 

こんな簡単なことで
のどのイガイガを防ぐことができるのなら…
やらない理由はないですね!!

 

今からの季節、風邪対策として生活に取り入れてくださいね。

それでは

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

週3回、健康情報が無料で届く!!
メルマガ【キュア通信】
登録は ⇒ https://48auto.biz/seitai-cure/registp.php?pid=3

※ このブログに対する質問・お問い合わせ・ご予約は…

ライン  https://line.me/R/ti/p/%40zsv1646i
メール  https://seitai-lcure.com/contact/
へ、どうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

初回割引は 1日1名限定

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。