095-895-8993

ブログ

2018/11/06(火)

デスクワークで腰痛をださずに座る方法

カテゴリー:腰痛, 自分でできる改善法

 

 

【 デスクワークで腰痛をださずに座る方法 】

 

腰痛をお持ちの方は本当につらい思いをされています。

 

どんな生活の場面でも、
「腰が痛くなるんじゃないか」
「いたくなったら周りに迷惑をかけてしまう。」
そんな思いを持ちながら生活をしていると思います。

 

中でも日常生活の中で多い行動、
立ち上がる・歩く・座っていると出てくる…などの腰痛が続くと

「腰が痛くならないように…」と余計な気遣いをしますので
やっていることに集中することができなくなります。

 

 

集中できないけることは仕事の能率も悪くなるということ。

 

やっぱりその状態はなるべく早く解消していただきたいので
今回は坐っていると出てくる腰痛
これをださないための上手なすわり方をお伝えしたいと思います。

 

 

・・・・・・・・・・

 

座ったばかりの時はいいけれど
20分 30分坐っているとだんだん腰が痛くなってくる。

 

「なんで腰が痛くなるんだろう?座り方が悪いのかな」
と感じている方も多いと思います。

 

そこでご自分の坐り姿勢を見ていただき

腰によい座り方をしていただきたいと思います。
ただ、座るといってもいろいろな座り方があります。

 

まっすぐ背を伸ばして座れる方はよいのですが
ついつい背もたれに寄りかかって坐ってしまう
または逆に前のめりになりながら坐ってしまう
ついつい足を組んでしまう・・・。

仕事などに集中してくるとどうしても
前のめりになることが多いのです。

 

すると腰痛が出てくる…。

 

では、前のめりだと腰が痛くのはなるのはなぜなのでしょうか。

 

それはこの状態では
骨盤が後ろに倒れたりしてよい状態が保てず
腰に負担がかかる座り方になるからです。

 

 

てはどういうふうに坐ったらいいのか
それは「骨盤を立てて坐る」ということです。

 

 

【 正しい座り方 】

 

① まずはイスに深く座ってください。
背もたれがあっても使わないのがポイントです。
② 顎を引いてちょっと胸を張るような感じで座ります。

 

③ この状態を保つ為に、お尻の後ろの方に
くるくると巻いたタオルなどを入れてみてください。
これは骨盤が後ろに倒れないようにするための工夫です。

 

 

そしてもう一つ

 

★  ひざが股関節よりも低くならないように注意してください。

 

もし膝が低くなるようであれば、
足の下に踏み台をくなどして
膝と股関節の位置が少し高めまたは平行になるようにして下さい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

座り方をちょっと工夫するだけで
腰痛にいろいろな影響hが出てきます。

 

またどうしても前かがみになってしまう人は
キーボードの位置や資料を置く位置なども見直してみてください。

 

お仕事も、プライベートも
腰痛無しで過ごしてくださいね。

 

 

それでは

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メールで体にいいこと情報を無料プレゼント!
メルマガ【キュア通信】
https://48auto.biz/seitai-cure/registp.php?pid=3

※ このブログに対する質問・お問い合わせ・ご予約は…
ライン  https://line.me/R/ti/p/%40zsv1646i
メール  https://seitai-lcure.com/contact/
へ、どうぞ。

ラインで友達登録・スタンプを送ってくれたあなたに、素敵なプレゼントが!
https://line.me/R/ti/p/%40zsv1646i

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

初回割引は 1日1名限定

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。