095-895-8993

ブログ

2018/12/04(火)

肩こり・腰痛をいっぺんに治すひねりストレッチ

カテゴリー:腰痛, 自分でできる改善法

 

【 肩こり・腰痛をいっぺんに治すひねりストレッチ 】

 

当院に初めてご来院された方にお聞きすると
「腰痛も肩こりもあるんです」と悩まれている方が
たくさんいらっしゃいます。

 

この「肩こり」
一見、腰痛とは何の繋がりもないように見えますが
実は実は深~~~~~~いつながりがあるのです。
というより、肩こりが元で腰痛を出してしまう。
だから肩こりを良くしないと腰痛も良くならない事が多い。

 

だからダブルパンチでつらいあなたに
肩こりも・腰痛も良くしちゃう…
そんなストレッチをお伝えしますね。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

《 肩こり・腰痛の姿勢について 》

 

まずは肩こり・腰痛の姿勢についてお話しします。

 

肩こりの状態は肩が普段よりもかなり前に引っ張られます。

この状態は肩甲骨が外側に引っ張られて固定され
肩まわりがガチガチになってしまっている状態です。

 

肩甲骨と骨盤は連動しますので、
この状態になると
頭から骨盤にかけて逆Cの字姿勢になってしまいます。

 

そうなれば腰に負担がかかりますので
腰痛も出てきます。

 

そして肩が前に引っ張られると
頭は必ず前の方に行くというふうに体はできているので
細い首で頭の重さを支えなければならなくなり首こりも発生。

 

頭痛が出るリスクも高まるのです。

この状態が続けば続くほど
肩・腰はガチガチ、背中はパンパン…となってしまいます。

 

ですからまずは肩周りがガチガチにならないように
解除する方法をお伝えしたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・

 

《 首から背中にかけての筋肉を緩める 》

 

今回は首から背中にかけての筋肉が固いと動きが悪くなってしまいます

肩甲骨のを緩める
そんな簡単なストレッチをお伝えします。

肩甲骨の動きが悪い=肩こりに近づく
姿勢が崩れる=腰痛に近づく

 

ですので、
しっかりと緩めていただきたいと思います。

 

 

–《 やり方 》–

 

⓵ 背中を伸ばしてきちんとした姿勢で立ってください。

 

⓶ 手のひらを上に向け肩の高さに腕を伸ばします。

 

⓷ 肘を曲げ指先を肩につけます。

※ この時、肘が肩の高さから下に落ちないように気をつけてください。

 

⓸ 指先を肩につけたまま、ゆっくりと体をひねり

肘を顔の前に持っていく。

⓹ もとに戻し、逆にひねります。

 

 

※ ※ ポイント ※ ※

 

体をひねるときは…。

・肘は一定の高さを保つ

・顔は前を向けたままで行い、手の甲が口のあたりに来るようにする。

・ひねる時に吐き・戻す時に吸う。

 

この3点に気をつけて行ってください。

回数は5回から十回です。

 

 

・・・・・・・・・・

 

いかがでしたか?

 

体が上手にひねれない・
体の軸がぶれる人もいらっしゃると思いますが
自分が出来る範囲から始めてみてください。


続けているうちに軸のぶれや体のひねりの
大きさが変わってきます。

 

また体の後ろに行く肘の方に意識を向けると
上手にひねることができるようです。

 

肩周りが柔らかくなってくると、
体のひねりが上手にできるようになり
肩こり・腰痛の回数も減ってきます。

続けていくことで自分が変わってきます。

 

肩こり・腰痛で悩んでいるならやってみてくださいね。

 

 

それでは

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メールで体にいいこと情報を無料プレゼント!
メルマガ【キュア通信】
https://48auto.biz/seitai-cure/registp.php?pid=3

※ このブログに対する質問・お問い合わせ・ご予約は…
ライン  https://line.me/R/ti/p/%40zsv1646i
メール  https://seitai-lcure.com/contact/
へ、どうぞ。

ラインで友達登録・スタンプを送ってくれたあなたに、素敵なプレゼントが!
https://line.me/R/ti/p/%40zsv1646i

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

初回割引は 1日1名限定

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。