095-895-8993

ブログ

2018/12/28(金)

すべり症の為のおしりトレーニング

カテゴリー:すべり症, 自分でできる改善法

 

【 すべり症の為のお尻トレーニング 】

 

腰骨の一部が前に滑ってしまう「すべり症」。
強い腰痛が出て苦しんでいる方も、とても多くいらっしゃいます。

 

でもすべり症の腰痛は腰の骨が滑っていることだけが原因ではありません。
その滑りを強くして、痛みを引き出している「犯人」がいるんです。

 

それはいろんな部位の筋肉。
とくに骨盤の前についている筋肉だったり、お尻の筋肉だったり…。

 

これらの筋肉が固くなってしまうと
骨盤の向きが変わってしまうため
腰痛が強くなったりするのです。

 

実はお尻の筋肉が上手に働かないことでも
すべり症の腰痛は痛みを増します。

 

ですので今回はこのお尻の筋肉を上手に使うための
トレーニングをお伝えしたいと思います。

・・・・・・・・・・・

 

《 お尻の筋肉を鍛える:やり方 》

 

※ 左のおしりを鍛える場合

 

⓵  まずは左のお尻を上にして横向きに寝ます。

⓶  左足を膝を伸ばしたまま少し後ろに引きます。

そしてそのまま脚を20~30センチ上げます。

※ あまり高く上げる必要はありません。

 

⓷  ゆっくりと上げて下ろす、上げて下ろすを

10回ぐらい繰り返します。
下ろすときは左の足につけてしまって構いません。

この時、あいている手を右のお尻にあて、
お尻がしっかりと固くなって使われているのを確認してください。

 

また、足を軽く後ろに引いていないと
お尻の筋肉は使えません。

上げた時に足が真横や前の方にいっている方は
足を後ろに引くことを意識してください。

 

 

10回ほど終わったら、強度を上げます。
今度はさげた足が下の足につかないように行います。

 

それが終わったらまた強度を上げます。
今度は足をあげた状態で3秒キープ、そしてゆっくり降ろします。

降ろした時は下の足につけないようにしましょう。

これを10回ほど繰り返します。

 

 

・・・・・・・・・

 

いかがでしたか?

 

「こんなの簡単よ」と取り組んではみたものの
お尻の筋肉を使うって結構疲れるということが
お分かりになるかと思います。

 

始めは筋肉痛になるかもしれませんね。

お尻の筋肉は縁の下の力持ち。
知らないところで頑張っていてくれてます。

 

固くなると腰痛につながるだけではなく
お尻もたれてしまいますので
ヒップアップもかねて、ぜひ頑張ってみてくださいね。

 

 

それでは

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メールで体にいいこと情報を無料プレゼント!
メルマガ【キュア通信】
https://48auto.biz/seitai-cure/registp.php?pid=3

※ このブログに対する質問・お問い合わせ・ご予約は…
ライン  https://line.me/R/ti/p/%40zsv1646i
メール  https://seitai-lcure.com/contact/
へ、どうぞ。

ラインで友達登録・スタンプを送ってくれたあなたに、素敵なプレゼントが!
https://line.me/R/ti/p/%40zsv1646i

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

初回割引は 1日1名限定

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。