095-895-8993

ブログ

2019/03/01(金)

冷えと坐骨神経痛

カテゴリー:坐骨神経痛, 自分でできる改善法

 

【 冷えからくる?坐骨神経痛 】

 

坐骨神経痛…。
お尻から足にかけて痛みやしびれが出るという症状です。

 

これも腰痛と一緒でかなり辛い状況。

 

この坐骨神経痛、タイプはいろいろで
「歩いていると痛くなってくる」とか
「じっと座っていると痛くなってくる」、
「寝ていると痛くなってくる」などあります。

 

 

それ以外にも
「冷えてくると痛くなってくる」というのもあります。

 

今回はこの「冷えによる坐骨神経痛が出る」について
お話をしたいと思います。

 

・・・・・・・

 

夏場など温かいときはそれほどでないのに
秋口から冬にかけて、だんだん寒くなってくると
坐骨神経痛が出るという方がいらっしゃいます。

または
「お風呂に入っていると楽だけど
上がって体が冷えてくると坐骨神経痛が出てくる」
という方もいらっしゃいます。

このタイプの坐骨神経痛、実は内臓が関係することがあるのです。

 

内臓の中でも腎臓。

 

腎臓が疲れてきて血液循環が悪くなってくると、
肝臓の近くにある腰痛に関係するお腹の奥の筋肉にも固さが伝ります。

お腹の奥の筋肉は、腰痛と直結する筋肉。

だから腰痛が出る…ということになってしまうんです。

 

そんな方は次の体操をしてくださいね。

 

・・・・・・・・

 

《 自分で腎臓を緩める方法 》

 

※ 右の腎臓を緩める場合

⓵ 右足首を左の膝の上に置くようにして椅子に座ります。

⓶ 左手親指で右の足の親指を触ります。

そのまま左手を足首の方にずらしてくると、
右足内くるぶしの少し下にポコンと出っ張った骨があるのが分かると思います。

その骨の下の所が目指す場所です。

 

 

⓷ 左手親指で目的の場所に足首の方向に向かって圧を入れます。
その時右手のひらで、右背中の骨盤の上のところを触ります。

⓸ 左手で目的の場所に圧を入れたまま、右の足首を揺らすように振ってください.。

 

1分間ぐらいしたら終了です。

 

敏感な方は右手のひらの下でふわっと背中が緩むのが
分かるかもしれませんね。

 

・・・・・・・

 

いかがでしたか?

 

この状態で体を動かしてみると、
いつもよる背中が軽くなっているという感覚がわかると思います。

 

緩む感覚がわからなくても OK です。

続けることで寒くなると出てくる坐骨神経痛にも変化がでてきます。
ぜひ続けてみてくださいね。

 

それでは

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メールで体にいいこと情報を無料プレゼント!
メルマガ【キュア通信】
https://48auto.biz/seitai-cure/registp.php?pid=3

※ このブログに対する質問・お問い合わせ・ご予約は…
ライン  https://line.me/R/ti/p/%40zsv1646i
メール  https://seitai-lcure.com/contact/
へ、どうぞ。

ラインで友達登録・スタンプを送ってくれたあなたに、素敵なプレゼントが!
https://line.me/R/ti/p/%40zsv1646i

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

初回割引は 1日1名限定

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。