095-895-8993

ブログ

2019/04/05(金)

ヘルニア腰痛には このストレッチ!

カテゴリー:ヘルニア, 自分でできる改善法

 

【 ヘルニア腰痛には このストレッチ! 】

 

ず~~~~っと腰が痛い。
何をやってもよくならないから病院に行ってみたら・・・
「椎間板ヘルニアですね」と言われたという方、手を上げてください。

 

椎間板ヘルニアは背骨と背骨の間にある椎間板が
正常な位置から飛び出してしまい、
周りの神経などを圧迫して痛みが出ると言われています。

これが腰の部分で起こるのが「腰部椎間板ヘルニア」です。

 

ヘルニアがあり、腰痛もあるとなると
「手術をしないと、この辛い腰の痛みがずっと続くのかな…」と
絶望的になっている方もいらっしゃいます。

 

でも、このヘルニアが直接・腰痛に関わっているかと言うと
そうでない方もいらっしゃいます。

 

そうでない方は、腰以外の部分の筋肉の固さが原因で
腰に痛みだけが出ている可能性が大きいのです。

その一つが太ももの裏の筋肉だったりするわけです。

・・・・・・・・

 

《 太ももが関与? ヘルニア腰痛 》

 

太ももの裏には大きな筋肉がついて
ここが固くなることで、腰に痛みが出る人がいます。

 

例えばですが立って膝をのばしたままお辞儀をした時に腰に痛みが出る方で
膝を曲げてお辞儀をすると痛みが出ない方。
かかかと重心でお辞儀をすると痛みが出ない方などです。

この場合は、太ももの裏の筋肉が上手に伸びないことで痛みが出ると考えられます。

 

ここが硬くなると、骨盤を後ろへ後ろへと引いてしまい
腰やお尻に負担がかかり、痺れや痛みがなどが出る…という事なのです。

 

なのでこのような方達には、太もも裏のストレッチをしていただきたいと思います。

 

《 太もも裏のストレッチ 》

 

※ 右の太もも裏を伸ばしたい場合

 

⓵ まずは床に座ります。

 

⓶ 次に開脚をしてください。
そして右足は伸ばしたまま左足は膝を曲げます。
この時右の足先は天井に向けておきます。

⓷ 右足の足先を上に向けたまま上体を右足の方向に倒します。
その時、左腕は右足の方向に伸ばしてください。

 

この状態で20秒から30秒足の伸びを感じながらストレッチをしてください。

 

・・・・・・

 

いかがでしたか?

 

ある動作ではいたみがでるけれで、別の動作では痛みは出ない…というのであれば
ヘルニアが原因で腰痛が出ているとは考えにくいのです。
だってヘルニアはずっとあるはずなのですから。

 

だから「私はヘルニアだから、腰痛と一生付き合わなければならない…」
なんて考えないでくださいね。

また、このストレッチで少しでも腰が楽になったという方は
是非これを続けてみてください。

 

 

それでは

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メールで体にいいこと情報を無料プレゼント!
メルマガ【キュア通信】
https://48auto.biz/seitai-cure/registp.php?pid=3

※ このブログに対する質問・お問い合わせ・ご予約は…
ライン  https://line.me/R/ti/p/%40zsv1646i
メール  https://seitai-lcure.com/contact/
へ、どうぞ。

ラインで友達登録をすると腰痛ブログ(自分で腰痛を治す101の方法)が届きます。
https://line.me/R/ti/p/%40zsv1646i

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

初回割引は 1日1名限定

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。