095-895-8993

ブログ

2019/04/28(日)

足裏・かかとが痛いときのケア

カテゴリー:自分でできる改善法

 

【 足裏・かかとが痛いときのケア 】

 

過ごしやすい季節。
友達と会って・楽しくて、あっちへ行ったりこっちへ来たり・・・。

 

いつもと違って「歩くこと」が多いという時、
そのあとに足の裏やかかとが痛くなる…という事があります。

こんな時は足裏やかかとに湿布やマッサージをするかもしれませんが、
プラスしてこの部分もケアしていただくとよいですよ!
という部分がありますので、お伝えします。

 

・・・・・・・・

 

《プラスしてほしい!足のケア》

① 足首をぐるぐる回す

※ 右足首の場合
1 床に座ります。
2 左膝は伸ばし、右足首を左のももの上に置きます。
3 右手で右足首を持ち、左手は右の指あたりを持って足首をぐるぐる回します。
この時のポイントは左手でしっかり右足の指を曲げ伸ばし

持って大きく足首を回すということです。
これをすることで疲れて落ちていた足のアーチが復活します。

② くるぶし付近を押す

※ 右の足の場合

1 足首の内・外のくるぶしのちょっと下には
ぽこんとへっこんでいるところをさがします。

 

2 この部分を右手の親指と人差し指でしっかり押さえます。
左手は足の右足の指をしっかりと持ってください。

3 くるぶしのところを抑えたまま、足首を内・外側に振るように動かします。

これをすることで足の血の巡りが良くなります。

 

③ ふくらはぎをマッサージする

手を使ってふくらはぎをマッサージするのでも良いのですが、
やっているうちに手が疲れてしまうので、もっと簡単な方法を。

 

※ 右ふくらはぎをマッサージする場合

1 床に仰向けに寝ます
2 左膝を軽く曲げその上に右のふくらはぎを置きます。
3 そのまま右膝を曲げ伸ばしして、

右ふくらはぎを左の膝でマッサージしてください。

 

・・・・・・・

 

いかがでしたか?

 

歩きすぎてしまうと疲れで足の筋肉が硬くなり
足裏やかかとに痛みが出たりします。

 

でもその時には足全体が疲れていますので
足裏だけでなく足全体をケアしてあげることが大切になります。

足のアーチを復活させ・足裏とふくらはぎの筋肉を緩めることで
足全体の血流が改善されてきます。

足のケアを行って、
足裏の痛みのトラブルを早く改善してくださいね。

 

そのままにしておくと、腰痛が出てきたりしちゃいますよ!

 

それでは

 

 

・・・・・・・・・・・・

腰痛ライン@はこちら

↓ ↓  ↓ ↓

「腰痛がなかなかよくならない」

そんな方は、まずは自分でストレッチ!

《腰痛改善ストレッチ》が無料で届きます!

友だち追加
IDは 【@cure01】と検索してください。

 

QRコードはこちら!

腰痛・座骨神経痛をしっかり治したい方はこちら。

https://seitai-lcure.com

 

肩こり・頭痛をしっかり治したい方はこちら

https://l-cure.com

 

「ダイエットする」を決意したら、こちら!

https://peraichi.com/landing_pages/view/fdp1

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

初回割引は 毎月先着5名

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※メールフォームからのご予約は24時間受け付けております。(当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いします)
※「※1」きちんと約束を守るなど条件があります。