095-895-8993

ブログ

2019/06/20(木)

腰痛に腹筋運動は必要?

カテゴリー:腰痛, 自分でできる改善法

 

《 腰痛に腹筋運動は必要? 》

 

長く腰痛をお持ちの方の中 で 「何か運動した方がいいのかしら」

「そうだ、腰痛には腹筋運動がいいって聞いたわ!やってみようかしら…」

とお考えの方もいらっしゃるかと思います。

「腰痛に腹筋運動は必要か?否か?」

 

結論を言ってしまうと

「腹筋をした方がよい人・しない方がよい人」がいらっしゃいます。

なにせ、腰痛もいろんなタイプがありますので。

では、どんな人が「腹筋をしていいの」

そして「腹筋をしていけないのはどんな人なのか」

についてお話をしたいと思います。

 

・・・・・・・

 

姿勢で見分ける

腹筋していい人・悪い人は、姿勢で見分けることができます。

腹筋をした方がよいのは「骨盤が後ろに回ってしまっている人」。

膝を軽く曲げ・ お腹を突き出すような形で立つタイプの方です。

 

逆に腹筋をしない方がいいのは「骨盤が前に回ってしまっている人」です。

立っているときに妙に腰がそってしまう方ですね。

ではなぜ骨盤が後ろにまわっている人は腹筋をした方が良いのか?

 

「骨盤が後ろにまわっている人」は、脚の太ももの後ろの筋肉がかなり固くなっています。

特徴としては 床に座って体を前に倒そうとしても上手に倒れない・・ という人達です。

じつはこの状態では 腹筋は上手に働くことができません。

 

すると骨盤が後ろに回った状態がずっと続いてしまい、背中が丸まってしまいます。

この時、お腹の奥の筋肉なども硬くなってしまい 腰痛が出てしまうのです。

 

そんな方はぜひこのストレッチをしください。

 

骨盤の後ろ回転を治すストレッチ

① まずは両膝を曲げて床に寝てください。

⓶ 次に手 の甲をお尻の下に敷いて膝を伸ばします。

③ 両足を床から5 ㎝ ほど上げ、同時におへそを見るように首を軽く曲げます。

⓸ このままゆっくり20秒間キープします。これを3セットです。

ポイントはお腹がプルプルするのをしっかりと感じて行うということです。

プルプル感がない場合は「足を上げる角度」や「首の角度」を変えて

ぷるぷる感をしっかり味わうようにしてください。

 

・・・・

 

いかがでしたか?

手の甲がしっかりとお尻に入っていないと、腰が痛くなる方もいらっしゃいます。

そこは気をつけてくださいね。

それと立っている時や歩く時も腹筋を意識していただくと、より効果的になりますよ。

あ、くれぐれも無理はしないでくださいね。

それでは

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ラインで友達登録をすると腰痛ブログ

(自分で腰痛を治す101の方法)が届きます。

※ このブログに対する質問・お問い合わせ・ご予約は…

 

ライン  https://line.me/R/ti/p/%40zsv1646i

メール  https://seitai-lcure.com/contact/

へ、どうぞ。

 

腰痛・肩こり・座骨神経痛をしっかり治したい方はこちら。


https://seitai-lcure.com/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

初回割引は 1日1名限定

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。