095-895-8993

ブログ

2019/07/04(木)

ぎっくり腰の時の動き方

カテゴリー:ぎっくり腰, 自分でできる改善法

 

【 ぎっくり腰の時の動き方 】

 

ぎっくり腰 …。

なってしまった人は「もう二度となりたくない!!」と強く思っているものです 。

このぎっくり腰はほんの些細な動きで、腰に強力な痛みが走ります。
例えばペンを拾おうとしたとき、
物を取ろうとしたとき…。

こんな何ともない動きなのに、腰がギクッとなって動けなくなる。

こんな時は寝ているのが一番ですが、
どうしても動かなければいけない時もありますので
その時の対処法をお伝えします。

 

・・・・・・・・

 

日常生活の何気ない行動の中に「腰に負担がかかる動き」が隠れていたりします。

ですから普段から日常の動きに気を付けてください。

 

《 ぎっくり腰の時の過ごし方  》

まずぎっくり腰ですが全身疲労から出ると思ってください。

体は休みたがっているのですから
まずは 楽な体制で なるべくゆっくり休むを心がけてください。

 

★ 立ち上がり方

 

《 横向き寝からの 立ち上がり 》

「楽な体制は横むき」という状態が多いと思います。

立ち上がる時にはまず手ら肘の力を使って四つん這いになります。
その後、手を足に近づけるようにしながら体を起こします。
(足を手に近づける…は、かなり腰が痛いハズ。)

上体が立ったら足を一歩前に出します。痛くない足を踏み出してください。

前に出した足の膝に手を置き、斜め上方向を見ながら 一挙に立ち上がります。

《 座って いる状態から立ち上がる 》

斜め上をみるようにしてから胸を張るような感じで一挙に立ち上がります。

★ やってほしいマッサージ

《 鎖骨の周りの マッサージ 》

ぎっくり腰の場合、どうしても身体全体が 丸みを帯びて 肩が前に入ります。
この状態は腰に大きな負担がかかりますので、
横向きにねている間に鎖骨の下のマッサージをしてみてください。

かなり痛いところがあると思いますのでその部分は念入りにお願いします。

ここがゆるんでくると、動きやすくなります。

 

《 お尻の横のマッサージ 》

一人では無理ですが、誰かマッサージをしてくれる方がいたら、
腰ではなく お尻の横をマッサージしてみてください。

かなり硬くなっていると思いますが、強く押さないようにします。

受けている方が「痛気持ちいい」と感じる圧でお願いします。

 

・・・・・

 

いかがでしたか?

ぎっくり腰は全身疲労。
いつも頑張っているあなたがなりやすいのです。

 

でもぎっくり腰になってしまうとご本人も周りにいる人も
どうしていいかわからず、焦ってしまいます。

 

まずは無理せず・体を休ませる。
そしてなるべく痛みの出る行動はしないということが大切になります。

周りの人も協力してご本人をゆっくりさせてあげてくださいね。

 

それでは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ラインで友達登録をすると腰痛ブログ
(自分で腰痛を治す101の方法)が届きます。
※ このブログに対する質問・お問い合わせ・ご予約は…

ライン  https://line.me/R/ti/p/%40zsv1646i
メール  https://seitai-lcure.com/contact/

へ、どうぞ。

腰痛・肩こり・座骨神経痛をしっかり治したい方はこちら。

https://seitai-lcure.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

初回割引は 1日1名限定

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。