095-895-8993

ブログ

2019/08/11(日)

隠れ脱水症を見つける方法 

カテゴリー:【番外編】

 

【  隠れ脱水症を見つける方法 】

 

今年も暑さが ひどくなってきています。
気温が36°を超える日も続いていますが、 夏の暑さで強いのは熱中症です。

 

熱中症は身体の中に熱がこもってしまい 発症します。

初めはめまいや立ちくらみ、筋肉痛やこむら返りなどが起こります。汗はどんどん出ます。

それが進むと、頭痛や吐き気全身の倦怠感がひどくなります。

その後、意識障害や痙攣・体温が高くなるなどに移行していくのです。

熱中症は死にもつながる怖いもの。
この熱中症が起こる時は、同時に身体の中に「脱水」が起こります。

 

この脱水はクーラーの効いた部屋でも起こるので、注意が必要です。

 

今回は 熱中症の前段階 「隠れ脱水症状」のチェックをお伝えしたいと思います。

 

・・・・・

 

《 隠れ脱水症・チェック 》

 

チェック項目はたったの四つです。

 

指先や手のひらが冷たくないか

脱水症状になっていると、血行がわるくなり、手のひらが冷たくなります。
顔に手を当ててみて、熱く感じるようなら手のひらが冷たいことになります。

手の甲をつまむと盛り上がった皮膚がすぐに戻らない。
脱水症状になると、皮膚の弾力がなくなります。

口の中が乾く
脱水症状になると唾液が減るので、口の中が乾いたり、舌を鏡で見ると乾いていることがあります。

親指の爪を強く押してみて 白い状態からピンク色に戻るまでに3秒以上かかる。
手の血流が悪くなっり、脱水になっている可能性があります。

一つでもチェックがついたら隠れ脱水症の疑いがあります。

脱水症状を防ぐには

室温28°湿度70%を超えないようにしたり
定期的にスポーツドリンクや経口補水液などを使って
水分と一緒に塩分やミネラルを摂るということが必要になります。

 

・・・・・・

 

いかがでしたか?

 

上記以外でも「トイレの回数がいつもより少ない」なんていうのも目安になります。

 

かくれ脱水はその後熱中症になる確率が高くなってしまいます。

楽しい夏を過ごすために
早め早めに 水分と塩分を取って、 脱水熱中症には気をつけてください。

あ、睡眠不足など、体調が悪くても脱水症状になりやすくなります。

楽しい夏でも、睡眠はしっかりとってくださいね。

 

それでは

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ラインで友達登録をすると腰痛ブログ

(自分で腰痛を治す101の方法)が届きます。

※ このブログに対する質問・お問い合わせ・ご予約は…

 

ライン  https://line.me/R/ti/p/%40zsv1646i

メール  https://seitai-lcure.com/contact/

へ、どうぞ。

 

腰痛・座骨神経痛をしっかり治したい方はこちら。


https://seitai-lcure.com/

肩こり・頭痛をしっかり治したい方はこちら
https://l-cure.com

腰が痛いからダイエットしなきゃ!という方はこちら!
https://peraichi.com/landing_pages/view/fdp1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

初回割引は 1日1名限定

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。