095-895-8993

ブログ

2019/10/28(月)

足裏の違和感をとる方法

カテゴリー:腰痛, 自分でできる改善法

 

【足裏の違和感をとる方法】

 

腰の痛みで悩んでいるあなた。

それだけではなくこの頃、足の裏にちょっとへんな感覚がでていませんか?

 

足の裏に何か 張り付いているような…。

足はいつも使う部分なだけに

これが出てくると気になって、気になって仕方ない。

 

腰の状態が悪くなってから、足の裏に違和感やしびれが出る・・・

ということはよくあることです。

 

この場合、腰が原因と考えがちですが、

実は足の指が原因で 足裏のしびれなどが出る場合があります。

足の指でも特に 足の薬指。

ここが変形してくると 足裏にしびれなどが出る場合があるのです。

 

そんな時にはこれを試してほしいと思います。

 

・・・・・

 

《 やり方 》

 

※ 違和感や痺れがある足の薬指を使います。

 

1:指ひっぱり

⓵ 薬指の爪のすぐ下、第一関節と言われてるところを挟むように持ちます。

⓶ そのまま爪の方向に指を伸ばすような形で約5秒 引っ張ります。

③ これを10回繰り返します。

2:腱を外側によせる

次に薬指から足の甲に向かって伸びている指の腱を探します。

⓵ 指を上げ、指の腱を出し、薬指の腱を探す。

⓶ 腱がみつかったら、小指側に向かって、腱を外側に寄せるようにします。

※ 足の甲の辺りには痛みがあるかもしれません。 痛みが強く出ないように気をつけてください。

 

 

3:すね緩め

⓵ すねのホネの横、すねの筋肉を探します。

⓶ みつかったらすねの骨と筋肉の間に指のはら置き、膝横あたりから下に向かって、ゆっくり押していきます。

 

4:ふとももゆるめ

⓵  最後に太もも外側を外側に回していきます。

 

5:足指を動かす。

⓵  最後に足の指とに手の指とで握手をします。

そのまま足指の曲げ伸ばしを10回します。

 

・・・・

 

いかがでしたか?

やる事が多いので、ちょっと難しいかもしれませんね。

 

薬指が変形すると薬指を動かすための腱が引っ張られ、

指を動かすための 筋肉も硬くなります。

この硬さは指だけではなく、すねの筋肉・太ももの筋肉にもひっぱり

最後には骨盤も引っ張って、歪みを大きくしてしまうのです。

 

こうなると腰痛もひどくなってしまいます。

これをした後に 足の動きを見てください。

足が軽く動かせる・違和感が減ったというのなら、

これはあなたに合った体操です。

 

続けることで足裏の違和感が変わってきますので、ぜひ続けてみてくださいね。

 

それでは

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ラインで友達登録をすると腰痛ブログ

(自分で腰痛を治す101の方法)が届きます。

※ このブログに対する質問・お問い合わせ・ご予約は…

 

ライン  https://line.me/R/ti/p/%40zsv1646i

メール  https://seitai-lcure.com/contact/

へ、どうぞ。

 

腰痛・座骨神経痛をしっかり治したい方はこちら。


https://seitai-lcure.com/

肩こり・頭痛をしっかり治したい方はこちら
https://l-cure.com

腰が痛いからダイエットしなきゃ!という方はこちら!
https://peraichi.com/landing_pages/view/fdp1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

初回割引は 1日1名限定

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。