095-895-8993

ブログ

2019/12/16(月)

腰に痛みが出ない座り方

カテゴリー:腰痛, 自分でできる改善法

 

【腰に痛みが出ない座り方】

 

「パソコンの仕事が長いと、肩や首だけでなく腰も痛くなるんです」とか
「子供の学校行事などで長い時間座らなきゃいけないんですけど、腰が痛くて」

というお話をよく聞きます。

 

座っていて腰が痛くなる、結構つらいですよね。

 

だって、「座る」という動作は日常、普通に行われる動作です。

しかもその方が立っているより楽だと考えられている。

 

その楽なはずの動作に痛みが出る。

普通にできるはずのことができなくなるわけです。

しかも仕事とか行事と、なかなか立って姿勢を変えるとかができない。

感覚的には地獄ですよね。

 

「まだ、終わらないの?」

もう終わって‥お願いだから」なんて祈りたくもなります。

 

今回は座っていると出てくる腰痛の対処をお伝えします。

 

・・・・・・

 

《座り姿勢に気を付ける》

 

座っていると出てくる腰痛の一番 の原因は「骨盤の向き」です。

ご存知のように 骨盤に歪みが出ると いろいろな痛みにつながります。

だから座る姿勢って結構、大切なんです。

これがしっかり取れないために、骨盤が右に傾いたり・左に傾いたり・前に倒れたり・後ろに倒れたり…。

骨盤の向きが悪くなることで、 腰に負担がかかり腰痛が出る、結構多いんですよ。

そんな時に特に気をつけていただきたいことが「坐骨で座る」ということです。

骨盤を立てた状態で椅子に座ると 坐骨が座面にあたります。

実はこれができていない方が多いんです。

「じゃあ坐骨で座らないとどうなるのか?」

骨盤が寝た状態になると、本来座面に当たらないはずの場所が座面に当たり

編に重さがかかったりして、お尻周りの筋肉に硬さが出てきます。

 

実はこれが座っている時に出る腰痛の元になったりするんです。

 

なので座っていて腰痛が出る方はまずは「坐骨で座る」を 意識してみてください。

 

意識してもなかなか出来ないという方は ちょっとしたクッションを使いましょう。

座った時に骨盤 を立てるように お尻の後ろのところに、少しクッションを挟み込みます。

すると骨盤が後ろに寝ようとしても クッションのために寝ることができず骨盤を立てることができるんです。

クッションがないという方は、タオルを丸めたものを バンダナなどに包んで

椅子の後ろの方に置いといてもいいですね。

 

いろいろ工夫して坐骨が寝ないようにしてください。

 

・・・・・

 

いかがでしたか?

慣れるまでは 坐骨で座るって実は結構難しいんです。

姿勢を変えることになるので、簡単にはいかないんです。

 

でも、坐骨を意識することで座り姿勢がよくなり、腰の負担が減ります。

腰痛が出にくくなりますので、是非 意識するようにしてくださいね。

それでは

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ラインで友達登録をすると腰痛ブログ

(自分で腰痛を治す101の方法)が届きます。

友だち追加

IDは 【@zsv1646i】と検索してください。

QRコードはこちら!

 

腰痛・座骨神経痛をしっかり治したい方はこちら。


https://seitai-lcure.com/

肩こり・頭痛をしっかり治したい方はこちら
https://l-cure.com

腰が痛いからダイエットしなきゃ!という方はこちら!
https://peraichi.com/landing_pages/view/fdp1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

初回割引は 毎月先着5名

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※メールフォームからのご予約は24時間受け付けております。(当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いします)
※「※1」きちんと約束を守るなど条件があります。