095-895-8993

ブログ

2019/12/23(月)

その腰痛、ホントにヘルニアから?

カテゴリー:腰痛, 自分でできる改善法

 

【 その腰痛、ホントにヘルニアから? 】

 

腰痛があって病院に行ったら腰のヘルニアですねと言われた。
「こうなってしまったら、もう腰痛とは縁が切れない・・・。」なんて悲観的に思ってる方もいらっしゃるかと思います。

「病院の画像検査でヘルニアがある」なので間違いなくあなたにはヘルニアがあります。

 

ちなみにヘルニアとは飛び出すという意味。

背骨の間にある椎間板というものが、正常な位置から飛び出してしまっている状態です。

病院では「これが神経などを圧迫して、しびれや痛みが出るんですよ」と説明されていると思います。

確かにそういう状態の腰痛が出る方もいらっしゃいます。
でもヘルニアはあるけれども別の原因で腰痛が出る方もいらっしゃるんです。

そういう人は 腰痛がなくなる可能性が高いんです。

 

それはどんな人かといえば・・・

ヘルニアはあるけれど
・ 1年以上、長引く腰の痛みを持っている
・ 3か所以上の病院や 整骨院に行ったけれども良くならない
・ 同じくらいの強さの痛みが長く続いている
そんな方です。

 

内容を聞くとなんだか「絶望的な腰痛」に聞こえます。

でも、 病院で痛い場所を治療しても治らない。
治療院でも同じように痛い場所を治療しても治らない。

 

「痛いという場所を治療して治らない」なら「そこに痛みの原因はない」と思いませんか?

なので今回は簡単に あなたの痛みがどこから来るのか見てみたいと思います。

 

・・・

 

《 あなたの腰痛はどこからくるの? 確認方法 》

 

※ まずは椅子を用意してください

次に動きを四つ行いますが、 どの動きでどの場所に痛みが出るのか覚えといてください。

ちなみに無理して動かないでくださいね。

 

◆ 椅子に座ります。
⓶ そのまま前かがみをします。
⓷ そのまま 仰け反りをします。

◆ 同じ動作を立って行います
⓸ 立ったまま前かがみをします
⑤  立ったまま仰け反りをします。

 

 

さあいかがでしたか?

1から4まで 腰の同じ場所に・同じ強さの痛みが出るのなら、 あなたは痛みは腰が原因の可能性が高いです。

 

でも同じ動作でも「座っての方がより腰が痛む」とか「立ってなら腰が痛まない」とか、

動きによって痛みの強さや場所が変わるのなら、腰に原因はないなさそうです。

 

「じゃあ私の腰痛はどこが原因なの?」 と言うと、

これは痛みの出方によっても違いますし、生活スタイルよっても違います。

 

でも少なくとも、腰のヘルニアが原因で腰に痛みが出ているわけではなさそうですよ。

 

特に座っての動きで腰痛が出た方は、 肩こりとか腕の疲れはありませんか?

 

そこをマッサージするなどして 上半身の辛い部分を減らしてみてください。

「ヘルニアは存在するのに腰痛が楽になってくる」と思いますよ。

 

・・・・

 

いかがでしたか?

長引く腰痛の場合痛い場所に原因がない事がほとんどなんです。

たとえ 画像に異常があったとしても。

 

だから 腰痛を治すことを 諦めないでくださいね。

 

それでは

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ラインで友達登録をすると腰痛ブログ

(自分で腰痛を治す101の方法)が届きます。

友だち追加

IDは 【@zsv1646i】と検索してください。

QRコードはこちら!

 

腰痛・座骨神経痛をしっかり治したい方はこちら。


https://seitai-lcure.com/

肩こり・頭痛をしっかり治したい方はこちら
https://l-cure.com

腰が痛いからダイエットしなきゃ!という方はこちら!
https://peraichi.com/landing_pages/view/fdp1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

初回割引は 1日1名限定

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。