095-895-8993

ブログ

2018/06/01(金)

おなかでおしり・足のしびれをとる方法

カテゴリー:坐骨神経痛, 肩こり, 腰痛, 自分でできる改善法

 

 

【 おなかでおしり・足のしびれをとる方法 】

 

お尻から足にかけて出てくる痛みやしびれ。
この症状、坐骨神経痛の可能性が高いんです。
そして痛い場所を治療してもなかなかよくならない。

 

痛いところを治療してもよくならない場合は
別の場所の不調がお尻や足に症状だけ出している…。
という事が考えられます。

 

今回は「おなかを緩める」ことで
いやな症状とさよならする方法です。

 

おなかを触ると硬い部分があったりしませんか?

おなかが固いということは筋肉にしろ内臓にしろ、
おなかに関係するものが固くて、体は上手に働けない状態なのです。

そしておなかの硬さは肩を前に引っ張る力にもなりますので
姿勢が悪くなり、肩凝りや猫背・腰痛の原因にもなったりします。

実はこれが坐骨神経痛とも関係してくるんです。

 

お腹を緩める事は腹の奥の筋肉、
大腰筋を緩めるという事につながるのです。

 

大腰筋は硬く縮んでしまうと骨盤の向きを変えてしまいます。

 

ですから、骨盤のゆがみによる
坐骨神経痛が出てしまう可能性が高まります。

 

【 ↑ 大腰筋は腰骨から足の骨までついています 】

 

だからおなかをゆるめることはとっても大事!!

 

お中をゆるめることで骨盤のゆがみも減らしていき

坐骨神経痛を改善する…今回はそんな方法をお伝えします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

おなかを緩める方法、それは「お腹のマッサージ」です。

 

ゆるめるべき大腰筋はおなかの奥の方にありますので
直接、触ってマッサージをすることはできません。

ですので、お腹の一部を緩める事で大腰筋も緩めていく…
そんなやり方になります。

 

※ おなかに力を加えるマッサージですので
妊娠中の方・おなかが張っている方
おなかに疾患を持っている方などは、控えられた方がよいかもしれません。

 

 

【 お腹を緩めるマッサージ:やりかた 】

 

1 両ひざをまげて仰向けに寝ます

 

2 おなかの真ん中に両手を重ねておきます。

 

3 その後、円を描くように大きくおなかをマッサージして下さい。

 

4 その後、おへその指4本分横のところに
指4本の指の腹を置き、2・3 CMへこむ、
または気持ちいいくらいの圧で軽く押します。

 

5 この状態で 5秒ほどゆっくりをし、ポンと話します。

これを3回繰り返します。

 

 

ポイントとしては
・ 痛みが出ないように気持ちのいい圧で行う。
・ 呼吸は止めずに行う。
です。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

これをするとあら不思議、おなかの硬さが変わってきます。
大腰筋がだんだんゆるんだ状態になってくるからです。

 

大腰筋は腰痛にもとても関係する筋肉です。

 

ですからこのマッサージは
坐骨神経痛だけでなく、腰痛の方も効果のあるマッサージなんです。

 

お腹を緩ませると内臓の動きも
そして大腰筋が骨盤を変に引っ張る力も減ってきます。
= 坐骨神経痛にも変化が‼!

 

お腹をしっかりゆるめて坐骨神経痛をやっつけましょう。

 

それでは

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

週3回、健康情報が無料で届く!!
メルマガ【キュア通信】
登録は ⇒ https://48auto.biz/seitai-cure/registp.php?pid=3

※ このブログに対する質問・お問い合わせ・ご予約は…

ライン  https://line.me/R/ti/p/%40zsv1646i
メール  https://seitai-lcure.com/contact/
へ、どうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

初回割引は 1日1名限定

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。