095-895-8993

ブログ

2019/11/14(木)

ぎっくり腰の応急処置

カテゴリー:ぎっくり腰, 自分でできる改善法

 

【 ぎっくり腰の応急処置 】

 

急に強い痛みが腰に出て、
動けなくなるぎっくり腰。

 

ひどくなるとピクリとも動けず
そのまま寝たきり・・・という状態になってしまいます。

 

病院や治療院に行こうとしても動けない。

 

ちょっとでも動けは凄まじい痛さが襲ってくる。

そんなぎっくり腰、あなたは繰り返していませんか?

 

まずはぎっくり腰になった時、
どうしたらいいのか 対処法をお伝えしたいと思います。

 

・・・・

 

ぎっくり腰は
「腰の関節が動きすぎて、周りの靭帯を痛めてしまっている状況」
と言われています。

 

腰の捻挫のような状態…と思ってください。

だから無理に動くのはNG。

一人で動けないようなら、
まずはじっとしておくことがベストです。

 

なんとか動けるようになってきた、

となれば、病院か治療院に・・・となると思います。

 

初めてのぎっくり腰の場合や痛みがあまりにも強いときは
病院に行くことをお勧めします。

 

まずはあなたの体の中で、何が起こっているのかを
知ってほしいから。

治療院に行くなら、そのあとでも大丈夫です。

くり返しぎっくり腰をしている人は
いつもと同じようなぎっくり腰なら、治療院で大丈夫です。

 

さて・・・

病院・治療院、どちらも外出しなければなりません。

でも動くのが怖い…

そんな時は、こうやってください。

 

・・・・・

 

《 タオルで腰を安定させる 》

 

⓵ タオルを用意します。

⓶ 縦に四つ折りして、その後くるくると捻って棒状にします。

 

③ 前へ倣えの先頭のポーズを取ってください。

人さし指から小指までが触っている部分を目安に
その周囲をぐるっとタオルで包むようにします。

⓸ この状態が楽な方はそのままタオルの端を止めて
腰にタオルを巻いておいてください。

 

この方法はタオルが 骨盤の動きを安定させるので、
ぎっくり腰の痛みが減るのです。

応急処置的に使ってくださいね。

 

・・・・・

 

いかがでしたか?

 

タオル一本あればぎっくり腰の応急処置ができます。

 

でも考えて欲しいのは「痛みを取ること」ではなく
「どうして痛みが出たのか」ということです。

体の痛みはあなたの生活の中から出てきます。

ということは、原因はあなた他の生活の中の「何か」。

きっとあなたは「頑張りすぎている」んだと思いますよ。

 

応急処置の後は
あなたの生活ペースを見直す時間を取ってくださいね。

そうでないと、ぎっくり腰を繰り返します。

 

それでは

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ラインで友達登録をすると腰痛ブログ

(自分で腰痛を治す101の方法)が届きます。

友だち追加

IDは 【@cure01】と検索してください。

QRコードはこちら!

 

腰痛・座骨神経痛をしっかり治したい方はこちら。


https://seitai-lcure.com/

肩こり・頭痛をしっかり治したい方はこちら
https://l-cure.com

腰が痛いからダイエットしなきゃ!という方はこちら!
https://peraichi.com/landing_pages/view/fdp1

・・・・・・・・・・

#長崎市 #腰痛 #整体 #カイロ整体 レディキュア #ぎっくり腰 #応急処置 #動けない

 

 

 

初回割引は 毎月先着5名

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。