095-895-8993

ブログ

2019/12/02(月)

足の冷えと 腰痛をなくす太ももストレッチ

カテゴリー:自分でできる改善法

 

【足の冷えと 腰痛をなくす太ももストレッチ】

 

寒い時期になると足が冷える・むくむ…。

そして腰痛がひどくなる方っていらっしゃいませんか?

 

足が冷える・むくむという状態は血の巡りが悪い状態

そしてこうなってしまうと、足の筋肉自体がかなり硬くなってしまいます。

 

足の筋肉の硬さが腰に負担をかけ、

そして腰痛がひどくなる・・・ そんなこともあるんですよ。

そんな場合は足の筋肉を柔らかくして

むくみや冷えを取るようにする事が 腰痛改善につながります。

 

ただ、足と言っても太ももの付け根から足先まで

どこで筋肉が硬くなっても血流が悪くなります。

前回までは膝から下の筋肉が固いときの対処法でした。

 

今回は膝から上、ふとももの筋肉を柔らかくして

むくみや冷え・そして腰痛を改善するストレッチをお伝えします。

・・・・・・

 

《太もも・前のストレッチ》

※ 右足の場合

 

① まずは右足を上にして、横向きに寝ます。

⓶ そのまま膝を曲げて足首を持ちます。

③ その状態で30秒ほど力を抜いて、太ももの前面をストレッチします。

 

※ 終わったら逆もお願いします。

 

立ったままストレッチをしてもいいのですが、

立った状態だと骨盤が回ってしまいます。

骨盤が回ってしまうと腰が痛くなる方もいらっしゃりますので、

骨盤を固定する為に床に横向きに寝て行なってください。

 

 

《太もも後面のストレッチ》

イスを用意してください。

※ 右足太もも裏の場合

 

⓵ まずは椅子にすわります。

⓶ 右膝を伸ばし、つま先は天井に向けた状態を作ります。

③ この状態で前屈をするように体を前に曲げていきます。

この時、背中を丸めの丸めるのではなく「おへそを近づけ」るようにするのがポイントです。

目線も上げてくださいね。

ゆっくりぐ~~っと曲げていくと 、

太ももの裏が引き伸ばされているのが分かると思います。

その状態で30秒ほどストレッチをします。

 

・・・・・・

 

いかがでしたか?

 

ストレッチで注意することは
・痛くなる手前で止める
・ゆっくりと息を吐いて伸ばす
ということです。

 

自分が痛く感じているのに我慢して行なってしまうと

筋肉は縮もうとしていますので、それを無理に引き伸ばし怪我をしてしまいます。

 

是非、痛気持ちいい感覚のところで止めてゆっくりと行なってくださいね。

ストレッチを行う際は血の巡りのいいお風呂上がりなどが最適です。

無理せずゆったりとした気持ちで行なって

冷えと腰の痛みをなくしていきましょう!

 

 

それでは

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ラインで友達登録をすると腰痛ブログ

(自分で腰痛を治す101の方法)が届きます。

友だち追加

IDは 【@zsv1646i】と検索してください。

QRコードはこちら!

 

腰痛・座骨神経痛をしっかり治したい方はこちら。


https://seitai-lcure.com/

肩こり・頭痛をしっかり治したい方はこちら
https://l-cure.com

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

初回割引は 1日1名限定

ご予約は今すぐお電話で

095-895-8993

【受付時間】10時〜19時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。